針金のようなムダ毛と別れたい


本数は少ないのですが太くて濃いムダ毛なので、とにかく目立って嫌でした。

中学生の時は安全剃刀、高校生になってからは除毛フォームやワックス、大学生以降は家庭用脱毛器、という具合に手段をあれこれ試行錯誤しながら除毛してきました。

除毛剤や脱毛器を使っても半分ほど毛が残ってしまい、結局は剃刀で仕上げることが多かったです。

今でも剃刀がメインです。

でも、剃刀は皮膚も傷つけてしまいがちです。

明らかに剃刀が原因と分かるまっすぐな傷がとても恥ずかしくて、絆創膏で隠してばかりいます。

社会人になって永久脱毛をした綺麗な女性に出会うことが増えると、自分もそのようなつるつるすべすべの肌になってみたい、そして日々の剃刀での除毛から解放されたいと思うようになりました。

しかし、私が社会人になりたての頃は、私の生活していた地方には脱毛サロンが1軒さえなく、どうしていいのか分からずにいました。

だから、相変わらず脱毛器と剃刀を駆使して自己処理を続けてきました。

剃刀での除毛によるトラブルは、皮膚を傷つけてしまうことが多いことだけではありません。

除毛した直後はすべすべの皮膚ですが、はや2日後には毛穴から毛が出始めます。

特に私の場合は太い頑丈な毛なので、皮膚に黒胡麻をまぶしたような汚い見た目になるのです。

その出始めの毛を根気よく毛抜きで抜くことも度々あります。

そんなことを繰り返していたせいでしょう、いつからか分からないのですが、私の脇の下は色素沈着を起こしてしまいました。

剃刀による強い刺激のため、メラニン色素が生成されてしまったようなのです。

毛が生えていなくても黒ずんで見えるので、色素沈着が分かった時はとてもショックでした。

また、腕や脚なども、1つの毛穴から数本の毛が生えるようになったり、毛穴が膨れたりと、年数が経つにつれて困りごとが増えてきています。

ここ数年前からは日々のケアが面倒になり、一年中肌の露出を最小限にして過ごしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *