脱毛には悩みがつきません


脱毛処理で悩んでいることがあります。

それは、脱毛した後、次に毛が生えてくるときに、毛が皮膚の中に埋まったまま生えてきてしまうことです。

私はいくつかの体の部位はサロンで脱毛をしましたが、全身ではありません。

今でもセルフ脱毛をしている部位があります。

毛を剃ると、肌が痛み、ポツポツと鳥肌のようになってしまうのが悩みとなり、セルフ脱毛機器を使って毛を抜く方法に変えました。

しかし、別の問題として、毛を剃るよりも、抜く方が毛が皮膚に埋まって生えてくる頻度が高いように感じるようになりました。

皮膚の中に埋まっている毛は、肌に吸収されるのではなく、そのまま伸び続けます。

その為、肌から出してあげる必要があります。

私がやっている対処法としては、お風呂に入って皮膚が柔らかくなっている時に、爪で肌をこすって毛をひっぱり出すことです。

時にはピンセットや針のような物を使うこともあります。

ただし、傷からばい菌が入って炎症することもあるでしょうし、下手すると傷痕も残る可能性もあるので、一般的にはこういった自己処理はおすすめされていないと思います。

肌トラブルが少なく、且つ脱毛にかける手間を省くにはサロンでの脱毛が一番だと思います。

しかし、サロンに通う為の、時間と費用がまた悩みです。

私は妊娠時、ホルモンの関係なのか、腕や足はほとんど毛が生えてきませんでした。

これもまたホルモンの関係なのか、母親は、年をとると腕や足はほとんど毛が生えなくなったと言います。

毛が生えなくなるまで、このまま毛が肌に埋まってしまうという問題を抱えながらセルフ脱毛を続けるべきか、それとも育児、仕事の合間にサロンで脱毛すべきか、脱毛に関しては悩みがつきません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *